農地転用

書類の受け渡し

行政書士に相談したいことがあったとしましても、ちゃんと相談を受け付けてくれる良い行政書士と出会えるかどうか、もし探すのであれば見極める方法はあるのか、誰もが知りたいと思うものです。
その見極め方は、最低限のことはあったりします。
それはまず、行政書士にも専門分野がありますので相談する前に専門分野はなにか聞くことです。
専門分野をはっきりと答えられない人やどれも引き受けてしまう人の場合は考えたほうが良いかもしれません。
そして、ちゃんと話を聞いてくれる人なのかどうか、質問にちゃんと答えてくれるかどうか、そのほか相談内容に不確立の可能性があるのかどうかもはっきり答えてくれるか、そして最終的には相性が良いか、それらを意識して探しますと、良い行政書士と出会う確率は高くなります。

もし、法律に関することについて専門サービスに相談したいと思うとき、法律内容によって相談する専門家が変わってくることがありますので、その専門家の違いを知っておくことが必要になります。
たとえば、司法書士と行政書士の違いがよくわかっていないということが結構あるのです。
亡くなった人の遺産の相続について、遺言書についてはどちらも相談を受け付けることはできますが、相続人を変更するための相続登記や、相続を放棄するための遺産放棄の手続き、そのほか家庭裁判所に対する調停や審判の申立書の作成は司法書士の仕事となります。
飲食業許可や建設業許可などのような役所に対する許認可手続き、車庫証明や介護タクシーの手続きなどのような自動車の手続き、入国許可などのような外国人の手続きなどは行政書士の仕事となり、その区別の判断は知っておいたほうが良いかもしれません。