外国人雇用

案内する女

行政書士は法律の専門家ではありますが、ほかにも似たような職業があります。
それは弁護士、司法書士などがそうでして、弁護士はどのような職業なのか大体把握している人は多くいますが、司法書士は行政書士とどう違う職業なのか、はっきりと把握できていない人は多くいたりします。
その違いは、行政書士は行政機関に関する許認可申請の書類作成や提出や代理手続き、契約書や遺言書などの権利義務、事実証明などの書類作成や代理手続きなどを行なう業務でして、司法書士は裁判所や検察庁、法務局へ提出する書類を作成、簡易裁判所における訴訟代理や登記などを行なう業務となります。
依頼する内容によってどちらも行なうことができる場合もあれば、どちらかでなければ受け付けることができない場合もあります。

もし行政書士になりたいと思い、資格を取ろうと考えるのであれば独学でも十分勉強することはできるものですから、法律の専門家として取るには価値のある資格となるかもしれません。
受験資格もありませんから誰でも受けることはできます。
そしてその受験料金は1回7000円と、司法試験に比べますと安くなります。
そしていざ、資格を取得して行政書士として働くのであれば、少し努力をしなければなかなか稼ぐことはできないといわれております。
なぜなら、依頼を受けて収入を得る専門サービスなので依頼者が来なければ収入はありません。
なので、依頼者が来るように宣伝をしなければなかなか依頼する人がやってこないので、今ではソーシャルネットワークなどを利用して宣伝をする行政書士も出てきているのです。