腕を組んでいる行政書士

注目の記事

オススメリンク

書類作成

書類を持つ男性

司法書士はいつでも相談を受け付けています!大阪で相続に関するトラブルがあれば、相談をしてみましょう。解決へと繋がります。

法律のプロが問題を解決しますよ!世田谷で相続問題にお悩みの方はコチラへどうぞ!多くの人に選ばれる理由が分かりますよ。

大田区で相続問題の悩みを解決したいならこちらで相談してみましょう。しっかりと最適なアドバイスをしてくれますよ。

国家資格である行政書士は、役所へ提出する書類作成や提出手続きを行います。
その他にも、遺言書の権利義務や事実証明、契約書の作成も行っています。
行政書士になるには、行政書士試験に合格しなければなりません。
弁護士や公認会計士、税理士の資格を持っている場合は行政書士資格も所得できます。
行政書士試験の内容は、憲法に関する問題をはじめ、民法や商法など多岐にわたっています。
行政書士の仕事をする上で必要とされる法令などの問題が、46問出題されます。
また、行政書士の業務をスムーズに行えるための一般知識が14問出されます。
年齡や国籍、性別、学歴に関係なく、どんな人でも試験を受けることができます。
試験に申し込む場合は、郵送による方法かインターネットによる方法の2つの方法があります。

合格基準としては、法令問題が50パーセント以上正解していること、一般知識問題が40パーセント以上正解していることが基準です。
試験全体での得点が60パーセント以上取ることが出来れば、合格となります。
試験に合格して資格を持つことが出来たら、登録を行います。
資格を持っていても、行政書士名簿に名前が載っていなければ、行政書士として働くことができません。
名簿には、住所や氏名、生年月日、所属先の名称などが登録されます。
この名簿は、日本行政書士会連合会が取り扱っています。登録に関する疑問があれば、連合会に問い合わせて詳細をきちんと聞いておきましょう。

法律に関する相談は行政書士を東京で利用しましょう。安心して相談することができる事務所がありますので、依頼してみましょう。